退職までの流れ

転職を考えるにあたってどれくらいの準備期間が必要が必要になるでしょうか。すでに前職を退職してしまっている人は、気にいった求人が見つかり次第、コンサルタントと相談しながら、書類選考、面接、内定、入職とテンポよく進めていけば良いでしょう。

しかしまだ在職中の場合は、現職場に迷惑がかからないように段階を踏んでいく必要があります。
転職を決めてから退職するまでには、およそ2~3ヶ月が必要だと頭にいれて転職活動をすすめるとよいでしょう。

希望の企業から内定をもらったからといってすぐに今の職場を辞めるのはマナー違反であり、患者さんに迷惑がかかるおそれがあるからです。

転職を決意したら退職の2~3ヶ月前に、直接の上司にその意思を伝えます。
これは新しい人材を確保したり、シフトを考えたりするために職場側にとって必要な時間となります。

退職日の2週間くらい前に、退職届を提出します。
その日から退職日までに、業務の引き継ぎを行います。
すでに新しい職場から内定をもらっている場合は、ついそちらに気持ちが行ってしまい、引き継ぎが雑になってしまう人もいますが、ここできっちりと仕事の引き継ぎをするのは退職する人のマナーです。

看護師業界は広いようで意外と狭い業界でもあるので、現職場での評判が他の職場にひろがっていってしまうこともあります。
去る鳥跡を濁さずの精神で退職日までに、丁寧に引き継ぎをしておきましょう。

Meta Data

Title: 退職までの流れ
Date Posted: 2014年3月15日
Posted By:
Category: 退職

Leave a Reply