面接時の注意事項

面接は誰でも緊張するものです。
特に看護師は患者さんと接することが多い職業のために、上手にコミュニケーションがとれるか面接で判断される場合もあります。
面接官との受け答えは、笑顔でハキハキと明るく行うように心がけたいものですね。

面接の際には無理に自分から長々と話し始める必要もありませんし、聞かれたことにたいして簡潔にわかりやすく答えることがポイントです。
よくありがちなのが、前職を辞めた理由を聞かれたときに、前の職場の愚痴を延々と述べてしまうことです。

これは面接官にかなりのマイナスの印象を与えてしまいます。
前職で不満ばかりだった人は、新しい職場でもすぐ不満に感じてしまうだろうと思ってしまうのですね。
退職理由を聞かれたら、スキルアップのためなど、前向きな理由を用意しておくと良いでしょう。

条件の面で交渉したい場合や、要望がある場合は事前にコンサルタントを通して伝えておくとよいですが、面接の際に伝えてみてもよいでしょう。

しかし給料の話などはなかなか自分の口から言いにくいものなので、そのような時はコンサルタントが面接同行のサービスを行っていればぜひ利用するとよいですね。

Meta Data

Title: 面接時の注意事項
Date Posted: 2014年3月15日
Posted By:
Category: 面接

Leave a Reply